成功には責任が比例する。

最近思うことがある。

それは、「成功には責任が比例している」僕に対して、批判的な言動や態度に対して「これは違うんじゃないか」と言われるぶんには、僕も、「そうかもしれないな」とじっくり考えてみることができます。

だって、僕のようなぼんくらは、気づいていないうちに、とんでもない間違いを犯している可能性なんて、いくらだってあるわけだから、そうやって教えてくれる人は大切にしたいし、素直に受け止められる自分でありたいと思っています。

でも、その批判の根拠が、「他ではこうだから」という理由だったとしたら、まったく意味が違ってくる。

笑顔でなんかいられませんね、僕は。

それはなぜかというとね、「他がこうだから」という理由を大義名分にして非難する姿勢っていうのは、そのまま「いじめ」の発想につながっているからなんですよ。

他の人と違うからいじめる。

それは、個性というもの、その人が、たったひとりのかけがえのない存在であるということを、無意識的に否定していることになるんです。

それがいじめる側のメンタリティの正体なんです

ましてや僕は、前にも書いたけれど、「あまのじゃく」なものですから、「他と違うから正せ」というニュアンスを行間にすこしでも感じると、もう絶対にその人の言うことは聞きませんね。

広告を非表示にする